結婚写真は素敵な思い出:真実を写すレンズ越しの世界

予算を決める

花嫁

冠婚葬祭の中でも一際華やかな結婚式。主役の新郎新婦にとって、この一日は大切なゲストや親族から溢れんばかりの祝福を受け、一生の思い出になることは間違いありません。
特に花嫁にとっては、憧れの晴れ舞台。長い時間をかけて準備をして当日を迎える方も多いことでしょう。
そんな花嫁さんたちへ、ひとつアドバイスを。結婚式当日は想像よりも遥かに一瞬の出来事です。
今日一日の幸せな光景を目に焼き付けようと思っていても、自分の目に映りきらないゲストの表情、会場の雰囲気、そして自分たちの姿、たくさんあるものです。そんな瞬間のひとつひとつを写真に残し、幸せを形にして手元に残す。
後から見返しては幸せが蘇る。素敵だと思いませんか。
結婚式の幸せを写真に残す。是非一度、検討してみてはいかがでしょうか。

「結婚式の写真」と一口に言っても、その内容は様々です。まず、当日を避け、余裕のある時に色々なポーズで撮影できる「前撮り」「後撮り」。
前・後は当日より前に撮影したか後に撮影したかの違いです。それから当日の様子を収めるスナップ写真。
そして最近では結婚前の二人の自然な姿を記念に残す「エンゲージメントフォト」というものもあります。残し方も様々で、アルバムにして残すことも、ディスクに残すことも可能です。
依頼先として考えられるのは式場提携のカメラマン、持込みでフリーのカメラマン(式場によっては不可のこともあります)、親族や友人です。プロの方に依頼する場合は、値段はもちろんその方がどのような写真を撮るのか確認することをオススメします。
親族や友人に依頼する場合は、よほど場数を踏んで得意な人でない限りやはりプロには劣りますが、金銭的には遥かに安くすみます。撮影してほしい場面やアングル等を伝え、できる限り理想の構図を事前に共有しておくとよいかもしれません。
式場のスタッフや結婚情報雑誌、インターネット等を通し、まずは情報収集してみてください。そして、是非満足のいく幸せな写真を残してくださいね。